【経験談】大学生がオンラインで「講師バイト」をするメリット・デメリット

基本情報

大学生オンライン講師バイトをするメリット・デメリットは?という疑問にお答えしていきます。

大学生ができるオンライン講師バイトには「英会話・家庭教師・オンライン塾」などがあります。

とくに資格が必要でもなく、勉強を教えることができれば誰でも気軽に取り組める大学生のオンラインアルバイト。実際に講師バイトを実践した大学生から生の声を聞いてみたのでメリット・デメリットをご紹介します。

大学生が「オンライン講師バイト」で感じるデメリット

大学生が「オンライン講師バイト」で感じるデメリット

オンラインで講師バイトを実際にとり組んだ大学生に「デメリット」を聞いてみました。オンラインの特性や仕事柄のデメリットが見受けられます。

オンライン講師バイトのデメリット①

講師と生徒どちらかの通信環境が悪いと、授業が円滑に進まないところがデメリットに感じました。

アルバイトの負担は減るが、講師が近くにいないことから生徒がサボりがちになるので勉強へのモチベーションを維持させるのが大変です。多忙な大学生だと授業の空いた時間に自分の課題をしたり、生徒が問題を解いている間にスマホを触ったりと、生徒への対応がおろそかになってしまったりします。

また解いた問題をカメラに映す手間もかかり、無駄な時間が増えてしまいます。

オンライン講師バイトのデメリット②

大学生のアルバイトとして講師というものは、1度は皆が考えがちなバイトであるように思います。

バイト1回ごとの拘束時間もそれほど長くないですし、簡単だと思われがちです。ですが実際はその授業の前準備などで多くの時間を取られてしまうのが正直なところ。

授業する内容の復習、授業の進め方を確認。話の段取りを考えて、生徒の人にどう言えば伝わりやすいかを考える。授業以外に考えること、やることがかなりありますので拘束時間が短いからと言って楽ではないです。

オンライン講師バイトのデメリット③

アルバイトで大学生個別指導塾講師としてオンライン授業を行いましたが、オンライン指導では生徒の手元と表情を同時に見ることが難しいため「どこでつまづいているのか」を判断するのが難しいと思いました。

また同時に音声を発してしまうとどちらか一方しか認識されにくいため、会話に少しラグが生じていると感じました。

1度だけですが接続不良で授業が中断されてしまうことがありました。生徒が使っている教材を見せてもらいながら、授業を進めることも事前準備がないと難しいため不便であると感じます。

オンライン講師バイトのデメリット④

大学生のアルバイトで家庭教師や塾講師は定番です。しかしながら、将来的なことを考えるとコーチングやヒューマンスキルを上げるためにもこの仕事をリアルなコミニケーションの場で対応したほうが間違いなく磨くことができると思います。

オンラインではどうしてもリアルなコミュニケーションと違って顔色を伺ったり、反応を見ることが難しいことが大きな課題です。大学生の家庭教師はあくまでもリアルコミニケーションを基本にするべきだと思います。

オンライン講師バイトのデメリット⑤

学生と直接関わらないために授業を行なっているはずなのに緊張感がなく、学生がすぐ飽きてきてしまった時に鼓舞しなければならないことが大変です。

また講師経験がない初心者アルバイトの段階からこの仕事に臨むと、学生のモチベーションをどうやって上げればいいか分からず、しばらく思い描くような授業を行うことが難しいと思います。

これからオンライン講師を始めようと考えている大学生の方は、塾でのアルバイトや友人との勉強などである程度教える立場を学んだ上で始めると、オンライン化してもより質が高く満足のいく授業ができると思います。

大学生が「オンライン講師バイト」で感じるメリット

大学生が「オンライン講師バイト」で感じるメリット

大学生がオンライン講師バイトに取り組むうえでデメリットばかりではなく、大きなメリットがあることも忘れてはいけません。実際にとり組んだ大学生の声をご紹介します。

オンライン講師バイトのメリット①

今やオンライン授業はほとんどの大学生が講師として働いているので、塾講師としてのアルバイトが初めてでもその辺の作業(PC操作など)に慣れている・スムーズに行うことが出来ると思います。

また多くの人が心配する事前準備なども自宅でゆっくり行うことができるため手間が減り、結果としてアルバイトの負担が減ります。

ビデオ機能で生徒とのコミュニケーションも顔を見て行えるため、生徒の表情で勉強への意欲や理解度が見て取れるところはオフラインと変わらず良い点だと思います。

オンライン講師バイトのメリット②

講師のアルバイトを大学生のうちにするメリットとして1番挙げられるのはやはり自分の知識を生かすことが出来るということだと思います。学生ということで自分がまだ勉強しているというのもありますし、人に教えることで自分の理解度もより深まるからです。

もう一つは、やりがいを感じられる仕事だと言うことです。人に物を教えるというのは自分でやってみるのとは全く違いかなり難しいと感じるでしょう。ですがそれが出来た時の達成感は他の仕事では味わえないものだと思います。

オンライン講師バイトのメリット③

アルバイトとして大学生個別指導塾講師を行う中で、オンライン授業を行いました。

オンラインでは生徒に教室に来てもらう必要がないため、時間の融通がきく点が良いと思いました。解き方の指導などには、オンラインミーティングアプリのツールであるホワイトボードや共有画面への書き込みを使うことで対応することができました。

また、教室での個別指導では行いにくい英語のリスニングも扱える点は良いと思います。生徒が家でオンライン授業を受けている場合は、すぐに保護者の方とお話しできる点も便利だと思いました。

オンライン講師バイトのメリット④

ビジネスのメリットと同じで、オンラインで家庭教師や塾講師を行う事は時間や場所を超えたアルバイトとして大学生にとって大きなメリットがあります。基本的に時給が高いこと、取り組みやすい仕事内容であることも大きなポイントです。

講師にとってオンラインで全てが解決することは、忙しい大学生にとっては非常にメリットが大きいと思います。節目節目で生徒や保護者と会話をしながら、それもリアルタイムを交えながら指導していけばさらに相乗効果が高まると思います。

オンライン講師バイトのメリット⑤

移動時間の短縮になると言う点は1番の利点だと思います。大学生は勉強やサークルなどで時間を取られてしまうので、少しでも効率よくアルバイトの時間を確保したいと考える学生にはとてもお勧めです。

塾講師や家庭教師になると通常の勤務に加えて授業の準備などもしなければならないため、勤務時間を超えた作業も必要です。

オンラインでは授業を始める数十分前にゆっくり準備ができるので、授業が始まってからも余裕を持ってスケジュール管理ができます。

まとめ

実際の経験から「大学生がオンラインで講師バイトをするメリット・デメリット」について声を集めてみました。

基本的に講師業のアルバイトというのは時間単価も高く、大学生にとって効率がよく、やり甲斐もしっかり感じられる仕事になると思います。

まとめると‥

  • デメリット‥タイムラグやコミュニケーション不足によるやりにくさ。
  • メリット‥時間や単価効率に優れ、やりがいも感じられる。

オンライン家庭教師などは出社が必要な場合もありますが、とくにオンライン英会話などは自宅で在宅アルバイトが可能な会社も存在します。

時間を有効に使える大学生のオンラインバイトが「講師業」といえます。

私も実際にとり組んだ経験がありますが、思った以上におすすめのオンラインバイトと感じました。

とくに難しい作業や人間関係もないので、ぜひ安心して取り組んでみてください。

Tanaka

こちらも参考までに。

大学生におすすめのオンラインアルバイト3選

コメント

タイトルとURLをコピーしました